練馬区大泉学園のこぢんまりとした輸入車販売店です。読んでクルマが楽しくなる内容に努めておりますが、どうでしょう(笑)http://beavers-car.com/


by beavers-car

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
新着入庫販売車両
店舗アクセス
不定期 お店 日記
販売車両
未分類

以前の記事

2019年 06月
2019年 05月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月

フォロー中のブログ

最新のコメント

BEAVERSのHP

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

Mercedes-Benz ..
at 2019-06-07 14:55
BMW M135i
at 2019-05-05 12:53
Renault kangoo..
at 2019-03-22 00:20
今更インスタ連携。。。
at 2019-03-21 11:33
G20を見てきました。
at 2019-02-01 21:54

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

車・バイク
東京

画像一覧

BMW M135i

気が付けば減ってきているストレート6を積んだM135iたくさん取り揃えております。
といっても、3台あって、今残り1台となりましたが・・・
やはり反響の大きいモデルでございます。
b0378781_12172474.jpg




もう出てこないでしょう。FR直6ハッチバック。

FRで6発というBMW指数が高い組み合わせをご指定頂くお客様が非常に多く、
MINIなどの完成度を見ると、
F20型を最後に、次期1シリーズはFFとxDrive。。。
っと、ほぼ決定に思えます。
 で、エンジン横置きってことになりますと、
6気筒は積めないので、シルキーシックスも最後っぽいですよね・・・
b0378781_12172071.jpg
ついに、1シリーズに積んでしまったN55B30A。
カバーやエアクリの関係でギチギチ感ありますが、
実際フロント側は結構手が入ります。さすが縦置き!
 ボディ自体軽いので低回転域を太らせることなく、
320馬力を 2 駆 で発揮させます(笑)


ボクがまだ今と同じペェーペェーだった10年以上前、
BMW130iってありましてね(E87)
非常にホットなモデルでした。
b0378781_12230256.jpg
シルキーシックスのなんとNA!!!N52!!!
エンジン掛かったときがカッコよくてですね。


で、その後にBMW135iってのもありまして・・・
こちらはもっとホットなターボモデル。
これは本当に欲しかった。
b0378781_12230768.jpg
しかも、ドッカンターボじゃないから確実に前に進むヤーツ。
いわゆる、サンサンゴエンジンで・・・【中略】


135iクーペ欲しかったです・・・
46M3より欲しかったです・・・
どちらも高くて買えませんでしたが。

ご来店されるお客様もおっしゃるように、
BMWは元々小さいモデルが得意だったと。
じゃ、マルニターボの再来ということで、
余計にヤバイモデルであります。

世の中がエコエコしてて、
ダウンサイジング、そして、開発コストの制約。
もう、今後出ないであろうハッチFR。
b0378781_12170925.jpg
不思議なもんで、改めて見てみるとノーズが気持ち長めに見えるし、
ハッチバック特有の立ち位置で色々な制約があったハズなのに伸びやか。
b0378781_12172240.jpg
筋肉みたいなスポークホイールと、
ミラーカバーがハイエンドモデル的なアピールしてますが、
結構派手さはなく、それがお洒落。
本当に怒ってる人ほど、顔は穏やかだったりするわけで。

しかも、M1とか名乗らず(懐かしいー!)、
M135とM140とか名乗って普段乗り大歓迎系な方向性。
もちろんミッションもDCTなどではなく、
皆さん大好評のZFの8速ATでという謙虚さ。
 踏まなきゃ普通に乗れて、さらに乗り心地良いという理想形。
 マーケティング的には過去最高点獲得(笑)

尺の関係で、M135の紹介が少なくなりそーですが。
b0378781_12171627.jpg
何よりも、F20型1シリーズのフラッグシップモデルの位置付けであり、
b0378781_12171856.jpg
パドルシフト、パワーシート、シートヒーター(革もアルカンも)装備。
これだけでも結構魅力的なのです。
idriveシステムがCICからNBTへの過渡期でもあった為、
年式で混在しております。

振り回す楽しさはもちろんの事、
コンパクトハッチとは思えないフィール。
さらに、調子乗ってしまったときでもカッツリ効いてくれるブレーキ。
b0378781_12171295.jpg
つま先で調整幅がすんごく広く、抜群な制動力。
こんなブレーキ使えるだけ幸せなので、
ダストで汚れても仕方ないです(笑)
b0378781_12171492.jpg
何も知らずに乗ってたら、F10とかE60(5シリーズ感)のフィール(笑)
高速走行もスペックを隠して余裕カマして流せます。

特にコールドスタート時のバァロロローン!と目覚める排気音。
「コレ、マフラーノーマルですよね?」とよく聞かれます(笑)
しかし、ご近所さんやご家族にイヤな顔されないよう、
数秒でバルブが閉じられ実にジェントル。


ライバル他社が2リッター直4ターボのFFベースの4駆がホットハッチのトレンドな中、
メーカーのブランディングで3リッター縦置き直6ターボFRという、
非常に贅沢なパッケージングで登場したBMW M135。

新車価格の関係で、タマ数は少ないですが、
前オーナー様が熱烈なファンに維持されていたお陰か、
コンディションが割かし通常モデルより良いモノが多い印象です。
 あと何台かございますので、お問合せ下さいませ。

by beavers-car | 2019-05-05 12:53 | 新着入庫販売車両